[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2008年 > 小麦の輸入関税を暫定的に0%と設定、ブラジル

小麦の輸入関税を暫定的に0%と設定、ブラジル

印刷ページ
 2月6日、ブラジル貿易審議会(CAMEX)は決議第8号により、6月30日までメルコスル域外からの小麦の輸入関税を0%とすることを公表した。

 小麦の最大の輸入先であるブラジルでは、アルゼンチンの輸出登録停止措置に対し、小麦の国内供給不足を避けるため、カナダや米国からの輸入を容易にするべく2008年1月末に、メルコスル域外の関税の引き下げを検討し、アルゼンチンの輸出再開の内容を評価してから決定を下すこととなっていた。

 国内供給が不足して国内の小麦価格が上昇し、インフレ要因となるのを避けるための措置であると見られる。
【松本 隆志 平成19年12月7日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 調査課 (担当:藤原)
Tel:03-3583-9805



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.