[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2008年 > チリ、干ばつにより農業緊急事態を宣言

チリ、干ばつにより農業緊急事態を宣言

印刷ページ

干ばつによる被害地へ支援

 チリ政府は2月25日、広範囲にわたる干ばつにより、同国南部第7、9、10州の46市町村に対し、農業緊急事態を宣言した。これまでに第4、5、6、8州および首都圏州の89の市町村が緊急事態宣言を受けており、今回の発令により135の市町村が緊急事態下にあることになる。政府は、被災地の農業生産者への支援に総額3,500万ドル(37億8千万円:1ドル=108円)を充てている。

また、政府がこれまでに公表した干ばつによる被害地域への主な支援策の概要は以下の通りである。
  • 井戸の掘削および水路の改善に関する事業の実施
  • 農業開発機構(INDAP)によるかんがいプロジェクトへの資金交付手続きの簡素化および迅速化
  • 被害状況に基づき、被災した農業経営に上限3,200ドル(35万円)までの交付
  • 山岳地や内陸の乾燥地の小規模生産者への家畜(牛、羊、ヤギ)の医薬品、治療の提供
  • INDAPの災害融資をこれまでに受けていた農業経営に対する補助金の交付。

生産量の減少により輸入量は増加か

 ラ・ニーニャ現象により、雨が極端に減少し、水力発電のための水を供給する全国のダムの貯水量
の不足分は40%に達しているといわれ、バチェレ大統領は国民に節水を呼びかけている。また、関係
者によると、すでに小麦の収穫が始まっているが、干ばつの影響で収量は10〜20%落ちたとの声も聞
こえている。最近のチリの小麦の需給を見ると、作付け面積が減少傾向にあることから、輸入量が増
加しており、干ばつの影響により、百万トンを超える輸入が行われるようになると見られる。また、
作付け面積は拡大傾向にあるトウモロコシの収穫はまだ始まっていない。
小麦の需給表 トウモロコシの需給表
資料:は種面積はODEPA、その他はUSDA
注  :輸入量は輸出量から輸入量を引いた値

農業緊急事態が宣言された市町村
農業緊急事態が宣言された市町村
資料:チリ農業省
【横打 友恵 平成20年2月27日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 調査課 (担当:藤原)
Tel:03-3583-9805



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.