[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2008年 > 生産者団体、ストライキ活動の一時停止を宣言(アルゼンチン)

生産者団体、ストライキ活動の一時停止を宣言(アルゼンチン)

印刷ページ
 4月2日、生産者団体は自主的にストライキ活動の一時停止を宣言した。これは、
(1) 3月28日に政府は、農畜産業への低利融資や小規模生産者を対象とする輸出税の還元などの対策を準備していることを発表したこと
(2) ストライキ活動により農畜産物の物流がほぼ停止し、小売段階の品不足が顕著になっていること
(3) 大豆やトウモロコシの収穫が始まること
などが理由と考えられる。
 生産者団体は一時停止の期間を5月2日までの30日間とし、この間に政府と妥協点を見いだすとしている。しかしながら、生産者団体の要求する輸出税の税率の見直しについて、政府からこれを認めるコメントは無いことから、両者の間の隔たりは大きなままであると見られる。
【松本 隆志 平成20年4月3日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 調査課 (担当:藤原)
Tel:03-3583-9805



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.