[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2008年 > ギネスブックの記録を更新、世界最大のアサード大会を開催(ウルグアイ)

ギネスブックの記録を更新、世界最大のアサード大会を開催(ウルグアイ)

印刷ページ

2万人以上が参加した大会

 これまで、ギネスブックに「世界最大のアサード(炭焼きバーベキュー)」として記録されていたのは、2006年にメキシコで行われた1,290メートルに渡る焼き網を使った8千キログラムの牛肉のアサードだが、この記録を塗り替えることで、トレーサビリティの確立、国際的な衛生ステータスの取得などによるウルグアイの農畜産部門の重要性を国内だけでなく世界にも知ってもらおうというイベントが4月13日、ウルグアイ国立食肉院(INAC)主催により首都モンテビデオ市で開催された。
 
 当日は、1,252人のアサドールと呼ばれる調理人が長さ1,500メートルの焼き網に午前11時半から6トンの炭をおこし、用意された牛肉12,000キログラムを調理した。

 このイベントには全国の公立小学校の児童4千人をはじめ、2万人以上が参加し、ギネス記録達成の瞬間を見守った。入場券は発売後2日で完売となり、当日券を求めて会場の入り口に千人近くの列が出来るなど、消費者の関心の高さをうかがわせた。

好調な輸出の一方で国内価格は上昇

 ウルグアイは世界第8位の牛肉輸出国であり、米国を中心とするNAFTA、EU、ロシアなどをはじめ、輸出先は80カ国以上におよぶ。また、ウルグアイの総輸出額の約2割を占める重要な輸出品目であり、年間生産量の約7割が輸出に向けられている。
牛肉輸出量、金額の推移
 牛肉は主要輸出品目であるとともに、ウルグアイは2007年の1人当たり消費量が53キログラムとアルゼンチンに次ぐ牛肉消費国であることから、国内価格上昇の抑制は、政府にとって大きな課題となっている。輸出拡大を図る一方で、国内価格は上昇傾向にあるため、政府はショートリブなどの国内の需要部位については、パッカーと協定を結び、一定期間の価格の引き下げを行うなどの対策を講じている。
ar20080415-1
1,250人のアサドールの半数は本職やシェフ学校の学生で、残りは休日のアサードで腕に覚えのある父親など一般からの応募による。2人1組で2.20メートルの焼き網を受け持ち、18キログラムの牛肉を焼き上げる。
ar20080415-2
炭をおこしてから焼き上がるまでたっぷり3時間。焼きあがった肉は一口大に切り分けられ、1人分 約300グラム見当で配られた。
ar20080415-3
ar20080415-4
ギネスの審査員が「記録達成」を認定すると、会場中が歓声に沸いた。アガシ農業大臣も壇上に姿を見せ、INACのフラッティ理事長とともに記録達成を祝った。
ar20080415-5
「私が世界最大のアサードをしました」と胸に入ったエプロン姿のアサドールたちとギネス認定証を掲げるフラッティ理事長
【横打 友恵 平成20年4月14日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 調査課 (担当:藤原)
Tel:03-3583-9805



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.