[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2008年 > 来年度のトウモロコシ生産量は減少の見込み(ブラジル)

来年度のトウモロコシ生産量は減少の見込み(ブラジル)

印刷ページ

作付面積の増加に伴い生産量も増加

 国家食糧供給公社(CONAB)は10月8日、2008/09年度(7月〜翌年6月)第1回主要穀物生産状況調査結果を発表した。
 これによると、作付面積はわずかに増加し前年度比1.2%〜2.7%増の4,786万〜4,859万ヘクタール(2007/08年度4,731万ヘクタール)となり、生産量は横ばいで同1.2%減〜0.5%増の1億4,203万〜1億4,455万トン(同1億4,381万トン)と見込んでいる。
(図表1)2008年度第1回主要穀物生産状況調査結果

トウモロコシの作付面積は減少

 ブラジルは2006/07年度には1,100万トンのトウモロコシを輸出したが、2007/08年度の輸出量は750万トンと見込まれており、700万トンを下回るという民間予測もある。年度当初は前年度並みの輸出が予測されていたが、EUの穀物生産の回復や主要輸出先国であったイランの輸入量の減少などから、輸出量が減少している。
(図表2)ブラジルのトウモロコシ需給表
 このように輸出量の減少により在庫の増加が見込まれることから、トウモロコシの生産者販売価格は2007年12月をピークとして低下傾向にある。また、ブラジルでは金融危機の影響により、穀物の輸出価格が低下する一方で、レアル安が進んでいる。このような中で、は種期を迎えていることから、トウモロコシの作付面積は減少すると見込まれている。
(図表3)生産者販売価格の推移
(図表4)ブラジルのクロップカレンダー
【松本 隆志 平成20年10月10日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 調査課 (担当:藤原)
Tel:03-3583-9805



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.