[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2008年 > イギリス、口蹄疫ワクチン不接種清浄地域のステータス回復

イギリス、口蹄疫ワクチン不接種清浄地域のステータス回復

印刷ページ
 国際獣疫事務局(OIE)は2月21日、英国の口蹄疫について、2008年2月19日からの口蹄疫ワクチン不接種清浄地域のステータス回復を承認した。

 英国では、2007年8月、9月にイングランド南東部で口蹄疫が確認され、移動制限などの防疫措置が講じられていたが、同年9月30日以降12月末までの3カ月間、同疾病の発生確認はされなかった。これに伴いEUでは、英国からEU域内への家畜の移動およびこれらの家畜から製造された製品の移動禁止など口蹄疫の発生に係る暫定措置について同年12月31日まで適用期間を延長していたが、それ以降の延長は行わなかった。

 これを受けて英国は12月31日、OIEに対し口蹄疫ワクチン不接種清浄地域のステータス回復の申請を行っていた。
【小林 奈穂美 平成20年2月26日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 調査課 (担当:井上)
Tel:03-3583-9535



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.