[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2008年 > 2007/08年度夏穀物生産、前年度比4割増の見込み(豪州)

2007/08年度夏穀物生産、前年度比4割増の見込み(豪州)

印刷ページ

2007/08年度夏穀物生産量、ソルガムは過去最高、コメおよび綿実は大幅減の見込み

 豪州農業資源経済局(ABARE)は2月19日、四半期ごとに公表している穀物生産見通しを公表した。
これによると、2007/08年度の夏穀物生産量は、前年度比38.8%増の319万9千トンと予測している。これは、2007年10月〜11月にかけて夏穀物の主産地であるニューサウスウェールズ(NSW)州北部およびクイーンズランド(QLD)州において、平年並みまたはそれ以上の降雨があり、その結果、作付面積が同10.6%増の104万6千ヘクタールと増加し、さらに作付け後の2008年1月〜2月にかけても降雨に恵まれ、単位面積当たりの収穫量が増加したためである。ただし、この生産量は、過去5年間の平均を19.3%下回る水準にとどまっている。

 品目別に見ると、ソルガムは、作付面積が同25.6%増の80万ヘクタールとなるとともに単収も前年を上回った。この結果、QLD州中部において洪水による被害が発生したものの、収穫量は前年度を大幅に上回る245万トン(前年度比79.2%増)になると予測している。これは、これまでの最高であった1999/2000年度の生産量(211万6千トン)を上回る過去最高に相当する。一方、かんがい用水に依存した生産を行っているコメおよび綿花は、作付け時に水の割当が少なかったため、作付面積がそれぞれ同90.5%減、同56.3%減と大幅に前年度を下回った。このため、生産量はコメが1万8千トン(同88.8%減)、綿実が16万4千トン(同57.7%減)と、いずれも大幅に前年度を下回ると予測している。
夏穀物生産量予想

2007/08年度冬穀物生産量は前年度比3割増、しかし過去5年平均を下回る水準

 また、収穫が終わった2007/08年度冬穀物については、生産量が前回公表値(2007年12月公表:2,166万トン)よりわずかに増加し、前年度比30.0%増の2,206万9千トンを予測している。品目別に見ると、小麦が1,309万3千トン(前年度比23.0%増)、大麦が591万5千トン(同41.6%増)、カノーラが106万5千トン(同106.0%増)となっている。ただし、この予測生産量は、過去5年平均を35.6%下回る水準となっている。

ソルガム生産量の増加による飼料穀物の需給緩和に期待

 豪州の肉牛フィードロット業者や養鶏農家といった飼料穀物に大きく依存している業界では、現在、飼料穀物高に伴う生産コスト増といった経営問題に直面している。このため、NSW州やQLD州で、現在、収穫が行われているソルガムに対する需要が強まっている。これらの業界では、ソルガムの生産量が増加することにより、高値にある飼料穀物の需給が緩和されることを期待している。
【井田 俊二 平成20年2月20日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 調査課 (担当:井上)
Tel:03-3583-9535



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.