[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2008年 > 中国産乳製品への対応(シンガポール)

中国産乳製品への対応(シンガポール)

印刷ページ

当初は通常の海外における食品への毒物混入事例の扱い

 国内で消費される食料の大部分を輸入に依存しているシンガポールでは、輸入食品の安全性への関心が非常に高い。食品安全は農業政策や食料の安定供給、動植物検疫などと併せて農業食品獣医庁(AVA)が所管しており、海外における食品への毒物混入などの事例に対しては、輸入の有無や国民への影響などの情報提供、店頭からの回収の指示などを行っている。
 
 一方、国民の約75%を中華系が占めており、中国関連の報道への関心も高い。こうしたことを背景に、中国産粉ミルクに有害物質のメラミンが混入されていた問題は発覚当初から大きく報道されていたが、問題となったメーカーの粉ミルクがシンガポールに輸入されていなかったことから、AVAは当初、当該製品が輸入されていないことを発表するとともに、国外で当該製品を購入した場合には即座に使用を中止するよう呼び掛けていた。

混入事例に対応して対応を強化

 その後、香港の食物安全中心(食品安全センター)が9月16日、中国産アイスの1品目からメラミンが検出され、輸入業者がこのアイスを回収すると発表した。このアイスはシンガポールにも輸入されていた。
また、中国本土で、発端となったメーカー以外のメーカー製の、粉ミルク以外の牛乳、乳製品からもメラミンが検出されたことが発表された。こうしたことを受けて、AVAは9月17日、国内の輸入、販売業者に対しては当該アイスを回収するよう、すでに購入した消費者に対しては当該アイスを食べないよう勧告するとともに、当該アイスを含む中国産牛乳、乳製品に対してメラミンの検査を実施していることを発表した。

 この検査の結果、当該アイスに加えて、別なメーカーの中国産乳飲料(イチゴ味)からもメラミンが検出された。AVAは19日、検査結果の公表と併せてこの2品目の回収、廃棄とともに、予防的措置として、業者に対して、必要な調査および検査が終わるまでの間として、中国産の牛乳、乳製品およびこれらを原料とする製品の輸入、販売停止を命じた。併せて、中国産の粉ミルクはシンガポールに輸入されていないこと、シンガポールで販売されている粉ミルクは安全であることを改めて発表した。

 21日には、広く親しまれているブランドのあめからメラミンが検出された。AVAは改めて、中国産の牛乳、乳製品およびこれらを原料とする製品が、チョコレートやビスケットのような菓子を含めて輸入、販売停止中であるとともに、違反者は食品安全法に基づき罰せられることを発表した。

消費者の混乱や批判、疑念への対応

 これらの発表は、報道を通じて行われるとともに、AVAのホームページにも掲載されている。AVAのホームページにはメラミンが検出されたブランドの品目名しか掲載されていないが、新聞には、販売停止中である中国産の牛乳、乳製品を原料とした製品のブランドの一部が掲載されている。こうしたブランドの中には、同一のブランドであっても生産地や原料が違うものがある。中国産の原料を使用していなければ同じブランドでもその品目は販売可能だが、消費者には混乱が見られ、AVAや新聞に質問や苦情が寄せられた。また、新聞には、AVAが香港の事例までメラミンの検査を実施していなかったことへの批判や、どの程度メラミンが検出された食品を飲食すれば有害なのかといった質問が寄せられた。
 
 こうした混乱や批判、質問への対応として、AVAは23日、保健省との連名で、消費者に対して、シンガポールで検出された食品中のメラミンの濃度は低く、過度に心配する必要はないとし、併せて多く寄せられる質問への回答を公表した。メラミンが検出された各々の食品について、米国食品医薬局によるメラミンのTDI(耐容一日摂取量:食品の消費に伴い摂取される汚染物質に対して人が許容できる一日当たり摂取量、メラミンは0.63mg/kg 体重)を体重60キログラムの大人、30キログラムの子供について換算した摂取量を示した。また、質問への回答には、メラミンは食品への使用が認められておらず、世界的にも通常の食品安全検査の対象ではないとの説明や、メラミンによって引き起こされる障害の症状を挙げ、心配であればまず家庭医に相談するようにとのアドバイスなどを掲載した。
 
 さらに、シンガポールで最初にメラミンが検出されたアイスの焼却現場を報道機関に公開するとともに、飲食店の衛生事項を所管する国家環境庁の衛生担当者が、パン屋や菓子屋で中国産の原材料を使用していないかどうかの対面調査を実施するなど、消費者の過度の不安への対応を実施している。

引き続き検査を実施、新たに混入も判明

 こうした中、AVAは24日、新たに5品目からメラミンが検出されたと発表した。このうち2品目は、先に検出された乳飲料と同じブランドのメロン味とバナナ味の乳飲料、1品目は全粉乳を材料とするポテトクラッカー、2品は全粉乳を材料とする米菓である。今回も、それぞれの品目についてTDIを換算した摂取量を示すとともに、以前に検出された3品目を含む8品目について、検出濃度も併せて公表した。

 AVAは、問題発生以来400余りの品目について検査を実施中であり、これからも新たに混入が判明する可能性があるとしている。

 また、報道によれば、AVAは、一連の乳製品の検査が終了した後には、乳製品同様にたんぱく質含有量が重要であるシリアル製品のような製品についての検査を検討しているとのことである。


【参考】AVAホームページURL
【佐々木 勝憲 平成20年9月25日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 調査課 (担当:平石)
Tel:03-3583-9534



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.