月報「畜産の情報」

2018年7月


ALIC


Monthly

目 次

【話題】

アニマルウェルフェアに配慮した家畜の飼養管理について
農林水産省 生産局 畜産振興課 課長補佐(個体識別システム活用班担当)江上 智一

【需給動向】

-国 内-

◇牛 肉  4月の牛肉輸入量、前年同月比20.6%増と大幅に増加

◇豚 肉  5月の豚枝肉省令価格、8カ月ぶりの600円台

◇鶏 肉  平成29年の肉用若鶏の処理重量、過去最高を更新

◇牛乳・乳製品  生乳生産量、7カ月連続増

◇鶏 卵  5月の鶏卵相場、前月比14円安

-海 外-

絵で見る世界の畜産物需給

◇牛 肉
米 国 牛肉輸出は堅調も、秋以降の肥育牛価格に上昇懸念
豪 州 フィードロット飼養頭数、再び100万頭を上回る
中 国 牛肉輸入が引き続き増加した一方、国内価格も上昇

◇豚 肉
米 国 第1四半期の輸出量は過去最高を記録
E U 生産量が増加する中、豚価は前年を下回る水準で推移

◇鶏 肉
ブラジル 1~3月の輸出量は前年から微減、今後も輸出量減が懸念

◇牛乳・乳製品
米 国 乳製品輸出は増加見込みも、生乳生産は鈍化傾向
E U 生乳出荷量が増加する中、乳価の上昇は減速へ
豪 州 生乳生産量は増加基調で、乳製品輸出量は増大
N Z 生乳生産量の減少幅は縮小し、乳製品輸出量は回復傾向
中 国 乳製品輸入増大に伴い生乳価格が低下

◇飼料穀物
世 界 世界のトウモロコシ生産量は前年度比1.7%増も消費の伸びが上回る見込み
米 国 米国のトウモロコシ生産量は、前年度比7.3%減の見込み


【調査・報告】

壱岐島における酒造会社からの麦焼酎粕を 肉用牛繁殖農家で利用する取り組み
鹿児島大学 農学部 教授 豊 智行

集約放牧酪農経営における搾乳ロボット導入時の技術的課題
北海道大学大学院 農学研究院 教授 上田 宏一郎 ほか

酪農現場における農場HACCPと JGAP認証の取得・活用の取り組み ~(株)Kalm角山かくやまを事例として~
札幌事務所 黒澤 和寛


【海外情報】

米国の牛内臓肉の生産・輸出動向 ~タン・ハラミを中心に~
調査情報部 野田 圭介、小林 誠

アルゼンチンの牛肉生産・輸出の現状と パタゴニア地域の潜在力
調査情報部 佐藤 宏樹、伊佐 雅裕(現農林水産省食料産業局産業連携課ファンド室長)


【農林水産省から】

韓国で口蹄疫が再発生!
農林水産省 消費・安全局 動物衛生課 家畜防疫対策室

飼料添加物「硫酸コリスチン」の指定取り消しについて ~薬剤耐性対策を進めるため、抗菌性飼料添加物の指定を見直していきます~
農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課

農畜産業振興機構ホームページへ戻る